2018.12.2 10:00(1/6ページ)

【サンスポ×日体大】名門レスリング部の男女エースが’20東京目指し進化中

【サンスポ×日体大】

名門レスリング部の男女エースが’20東京目指し進化中

特集:
サンスポ×日体大
食事をする(左から)湯元コーチ、サデュラエフ、日体大の三輪優翔、樋口、山口海輝。樋口は、ロシアのエースから成長のヒントをもらった (本人提供)

食事をする(左から)湯元コーチ、サデュラエフ、日体大の三輪優翔、樋口、山口海輝。樋口は、ロシアのエースから成長のヒントをもらった (本人提供)【拡大】

 2020年東京五輪開幕まで、2日で600日。出身大学別最多62人の夏季五輪メダリストを輩出している日体大とコラボレーションした長期連載の第12回は、16年リオデジャネイロ五輪レスリング男子フリースタイル57キロ級銀メダルの樋口黎(22)=日体大助手=を特集する。今夏にロシアのダゲスタン共和国で行った人生初の海外武者修行を振り返った。女子62キロ級の新星、森川美和(19)=1年=は全日本選手権(20-23日、駒沢体育館)での優勝を誓った。 (取材構成・石井文敏)

 東京五輪への新たな試みだった。樋口は今夏、日本から約8000キロ離れたロシアのダゲスタン共和国にいた。フリースタイルの聖地で、約3週間の武者修行に出た。

 「なりふり構わず、けんかのようにレスリングをやっているのが印象的だった。根っからの負けず嫌いだと分かった」

 2016年リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得後、階級を変更。57キロから8キロ増の65キロ級に挑戦も、体格やパワーの差に苦しんだ。「リオ五輪の時と同じでは東京五輪(の出場)はない」。危機感を抱いた樋口は、08年北京五輪銀メダルの湯元健一コーチ(33)らと現地に渡った。

【続きを読む】

  • 拠点とする日体大の横浜・健志台キャンパスレスリング場で体を動かす樋口。全日本選手権に向けて仕上がりは順調だ(撮影・中井誠)
  • リオ五輪「銀」の樋口黎
  • 樋口黎がはまっているそば(本人提供)
  • 64年東京五輪(グレコローマンスタイル・フライ級)「金」の花原勉
  • 88年ソウル五輪(フリースタイル52キロ級)「金」の佐藤満
  • 日体大の東京・世田谷キャンパスにあるレスリング場で汗を流す森川。期待の新星だ(撮影・福島範和)
  • レスリング・日体大出身の五輪メダリスト
  • 全日本選手権の主なエントリー選手
  • レスリング・東京五輪への道
  • ダゲスタン共和国