2018.11.30 05:02

京口、マカオで大みそか世界戦 Lフライ級に自信「適正な階級」/BOX

京口、マカオで大みそか世界戦 Lフライ級に自信「適正な階級」/BOX

マカオで2階級制覇を狙う京口

マカオで2階級制覇を狙う京口【拡大】

 プロボクシングの前IBF世界ミニマム級王者で、WBA世界Lフライ級1位の京口紘人(25)=ワタナベ=が12月31日にマカオで、同級スーパー王者のヘッキー・ブドラー(30)=南アフリカ=に挑戦することが29日、発表された。ワタナベジムで初となる2階級制覇に挑む。

 京口は減量苦から8月にIBF王座を返上。9月の転級後初戦はチボ・モナベザ(インドネシア)に4回TKO勝ちを収めており、「ミニマムの時と比べてパフォーマンスを出せる。適正な階級。パワーも上がった」と意気軒高だ。

 狙うベルトは今年5月にIBFとの統一戦でジムの先輩、田口良一(31)が奪われたもの。「取り返しという意味でも大事な試合になる。モチベーションは高い。中盤でチャンスがあればKOしたい」と敵討ちを誓った。

 この興行のメインイベントは、WBO世界Sフライ級3位の井岡一翔(29)が4階級制覇を懸けて、同級1位のドニー・ニエテス(36)=フィリピン=と王座決定戦を行う。

  • プロボクシング・ダブル世界戦