2018.11.27 21:33

川井梨紗子「妹が減量しなくていいように」 57キロ級で五輪挑戦/レスリング

川井梨紗子「妹が減量しなくていいように」 57キロ級で五輪挑戦/レスリング

 レスリング女子で世界選手権2連覇の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)は27日、2020年東京五輪代表争いが本格化する全日本選手権(12月20~23日・駒沢体育館)で57キロ級にエントリーし、妹の川井友香子(至学館大)が62キロ級に臨むことに「妹の方がまだ若くて伸び盛りなので、減量しなくていいように」と自らが軽い階級で挑戦する理由を明らかにした。

 川井梨はこの日、金沢市で行われた石川県スポーツ特別賞の贈呈式に出席した。姉妹で五輪実施階級に臨むが、57キロ級には五輪4連覇の伊調馨(ALSOK)がいるだけに「2人で優勝して代表になりたい」と意気込みを語った。昨年の全日本選手権では川井梨が62キロ級、川井友が非五輪階級の59キロ級を制した。

 全日本選手権は来年9月の世界選手権代表選考会を兼ねており、日本協会は世界選手権の五輪実施階級でメダルを獲得した選手を東京五輪代表に決める選考基準を示している。