2018.11.25 16:42

ベイカー、3回戦敗退に悔しさ「優勝するつもりだった」/柔道

ベイカー、3回戦敗退に悔しさ「優勝するつもりだった」/柔道

男子90キロ級3回戦 一本負けしたベイカー茉秋=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・村本聡)

男子90キロ級3回戦 一本負けしたベイカー茉秋=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・村本聡)【拡大】

 柔道のグランドスラム大阪大会最終日は25日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女計5階級が行われ、男子90キロ級のリオデジャネイロ五輪覇者、ベイカーは3回戦で昨年の世界選手権3位のマルギアニ(ジョージア)に一本負け。「優勝するつもりだった。結果が出ず悔しい」と表情をこわばらせた。

 3週間前の講道館杯全日本体重別選手権で優勝。昨年4月の右肩手術から上向く調子を印象づけたが、国際大会では強力なパワーを誇る海外勢に恐怖心が生じたという。「気持ちの部分で負けた。怖さが出ないよう練習しないといけない」と出直しを期した。