2018.11.23 15:07

阿部兄妹が決勝進出、すべて一本勝ち/柔道

阿部兄妹が決勝進出、すべて一本勝ち/柔道

男子66キロ級準決勝 一本勝ちを決める阿部一二三(白)=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・村本聡)

男子66キロ級準決勝 一本勝ちを決める阿部一二三(白)=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・村本聡)【拡大】

 柔道・グランドスラム(GS)大阪初日(23日、大阪市・丸善インテックアリーナ大阪)阿部兄妹が、決勝進出を決めた。9月の世界選手権(バクー)で2連覇を達成した男子66キロ級の阿部一二三(ひふみ、21)=日体大=は準決勝で、モンゴル選手に一本勝ちし、決勝進出。初戦の2回戦から4試合連続で一本勝ち。決勝は丸山城志郎(25)=ミキハウス=と激突する。

 一方、女子52キロ級で世界女王の妹・詩(うた、18)=兵庫・夙川学院高=は準決勝で、志々目愛(24)=了徳寺学園職=を開始わずか23秒で退け、こちらも2回戦から全3試合、オール一本勝ち。決勝は今夏のジャカルタ・アジア大会覇者で、過去3連敗の角田夏実(26)=了徳寺学園職=と対戦する。

  • 女子52キロ級準決勝一本勝ちを決める阿部詩(白)=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・村本聡)
  • 女子52キロ級準々決勝攻める阿部詩(白)=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・村本聡)
  • 女子52キロ級準々決勝攻める阿部詩(白)=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・村本聡)