2018.11.23 21:05

白井が新設の個人総合SFで優勝、三輪が2位/体操

白井が新設の個人総合SFで優勝、三輪が2位/体操

跳馬の演技をする白井健三=高崎アリーナ

跳馬の演技をする白井健三=高崎アリーナ【拡大】

 体操男子で新設の個人総合スーパーファイナルが23日、群馬県の高崎アリーナで行われ、世界選手権7位の白井健三(日体大)が6種目合計85・497点で優勝した。全国高校総体王者で84・132点の2位だった三輪哲平(大阪・清風高)、83・765点で3位の萱和磨(順大)までが来年の個人総合ワールドカップ(W杯)シリーズ代表に決まった。

 今大会はNHK杯の成績上位者など12人で争われた。ユース五輪5冠で16歳の北園丈琉(大阪・清風高)は8位だった。

萱和磨の話「ミスが出ても切り替えることができた。3位に入って代表権をしっかり獲得できたのが成長。これからも日本代表として強くなっていきたい」

  • 床運動の演技をする白井健三=高崎アリーナ
  • つり輪の演技をする白井健三=高崎アリーナ
  • 鉄棒の演技をする白井健三=高崎アリーナ
  • 鉄棒の演技を終えガッツポーズする三輪哲平=高崎アリーナ
  • あん馬の演技をする谷川翔=高崎アリーナ
  • あん馬の演技をする北園丈琉=高崎アリーナ