2018.11.22 20:35

白井「環境整った」 東京五輪での日本製器具採用方針を歓迎/体操

白井「環境整った」 東京五輪での日本製器具採用方針を歓迎/体操

公式練習で調整する白井健三=高崎アリーナ

公式練習で調整する白井健三=高崎アリーナ【拡大】

 2020年東京五輪の体操で、日本の「セノー」を含む共同事業体の器具が採用される方針となったことに対し、22日の記者会見では選手から歓迎の声が上がった。男子の白井健三(日体大)は「安心感が強い。調整してきたことを出せる環境は整った」と語った。

 器具は中国製との2案が検討されていた。3日に閉幕した世界選手権(ドーハ)では中国製が採用され、床運動などで反発力の少なさに白井らは苦しんだ。なじみの深い日本製の採用は追い風で、女子の村上茉愛(日体大)は「自分の国で使っている器具があるだけですごく安心する。思い切ってできる」と話した。

  • 公式練習で笑顔を見せる村上茉愛=高崎アリーナ