2018.11.20 19:00

体操で採点支援システムを採用 五輪で審判員補助

体操で採点支援システムを採用 五輪で審判員補助

 国際体操連盟(FIG)は20日、富士通と共同で開発している採点支援システムを今後の国際大会で採用することを決めたと発表した。2020年東京五輪では審判員が採点し、一部の種目でシステムを補助として活用する。

 システムはセンサーで選手の動きを立体的に捉え、人工知能(AI)が3次元の画像に変換。審判員は任意の部分を選んで演技を確認できる。目視判定が難しい技などに対して公平性のある採点につなげることが目的で、将来はこのシステムでの自動採点を目指す。

 東京都内で行われた記者会見では、選手があん馬を実演すると技の角度などが画面に表示された。FIGの渡辺守成会長は「全ての採点スポーツが課題にしていた審判の公平性を、飛躍的に高めてくれる」と期待した。