2018.11.18 16:25

ラトバラが最終戦V、トヨタは製造者部門優勝 世界ラリー選手権/自転車

ラトバラが最終戦V、トヨタは製造者部門優勝 世界ラリー選手権/自転車

 自動車の世界ラリー選手権(WRC)最終戦、ラリー・オーストラリアは18日にゴールを迎え、ヤリマッティ・ラトバラ(フィンランド、トヨタ)が今季初勝利となる通算18勝目を挙げた。昨季WRCに復帰したトヨタは製造者部門で1999年以来4度目のタイトルを手にした。

 セバスチャン・オジェ(フランス、フォード)が5位に入り、6年連続6度目の年間総合優勝を決めた。年間順位でトヨタ勢最高はオット・タナク(エストニア)の3位。

 豊田章男社長は静岡県裾野市で開かれた国内のラリー大会に選手として出場後に取材に応じ「応援していただいた全ての皆さんに感謝を申し上げたい。私は負けるのが大嫌いだ。2年目でこのような結果が出るとは思わなかった」と述べた。(共同)