2018.11.16 14:10

村上茉愛、世界選手権2個のメダルに快眠あり「東京五輪できちんと金メダルを」

村上茉愛、世界選手権2個のメダルに快眠あり「東京五輪できちんと金メダルを」

「マニフレックス」のベッドに腰掛け笑顔を見せる村上茉愛=東京・港区(撮影・田村亮介)

「マニフレックス」のベッドに腰掛け笑顔を見せる村上茉愛=東京・港区(撮影・田村亮介)【拡大】

 今月3日閉幕の体操・世界選手権で2個のメダルを獲得した日本女子の村上茉愛(まい、22)=日体大=が16日、イタリア製熟睡寝具ブランド「マニフレックス」(日本・アジア総代理店=株式会社フラグスポート)のアドバイザーに就任。東京都内で行われた記者発表会に出席した。

 村上は夏場に右足首の靱帯(じんたい)を部分断裂。全治3カ月と診断された。大会出場も危ぶまれたが、必死の回復で何とか間に合った。力強いバネのある演技で「ゴムまり娘」の愛称を持つエースは満身創痍(そうい)で挑み、個人総合で銀メダル、床運動でも銅メダルを獲得した。

 その躍進には睡眠の質の向上もあった。村上は知人の紹介で「マニフレックス」と出合い、5月から愛用する。「眠りに敏感で試合前に緊張で眠れないことが多かったけど、いつどんなときでも深い、快適な睡眠がとれるようになった」と効果を笑顔で説明する。そう伝えたところアドバイザー就任を打診された。

 今後は転戦先の世界各国でも携行用のマットレスや枕など寝具が用意され、万全な睡眠環境が整うことになる。村上は「練習を頑張って結果を残すことが自分の役目。東京五輪できちんと金メダルを獲得したい」。強力なサポートを受け、夏の祭典へと突き進む。

  • マットレスを手に笑顔の山根崇裕・株式会社フラグスポート代表取締役社長(左)から花束を贈られる村上茉愛=東京・港区(撮影・田村亮介)
  • 「マニフレックス」のベッドに腰掛け笑顔を見せる村上茉愛=東京・港区(撮影・田村亮介)
  • 村上茉愛=東京・港区(撮影・田村亮介)