2018.11.11 05:02

稀勢、初の一人横綱に「しっかりと結果を残すだけ」 大相撲九州場所11日初日

稀勢、初の一人横綱に「しっかりと結果を残すだけ」 大相撲九州場所11日初日

特集:
稀勢の里
土俵祭りに参加した稀勢の里。気合がこもった表情に一人横綱の決意がにじんだ(撮影・仲道裕司)

土俵祭りに参加した稀勢の里。気合がこもった表情に一人横綱の決意がにじんだ(撮影・仲道裕司)【拡大】

 大相撲九州場所は11日、福岡国際センターで初日を迎える。10日は土俵祭りが行われ、三役以上の力士らが出席し、15日間の安全を祈願。初めて一人横綱で臨む稀勢の里(32)は、10場所ぶりの復活優勝への思いを込めた。一方、大嶽部屋所属の幕下力士が福岡県内で乗用車を運転して物損事故を起こし、酒気帯び運転の疑いがあることが判明した。

 白鵬と鶴竜の休場により一人横綱となる稀勢の里には、重圧も10場所ぶりとなる復活優勝への気負いも感じられなかった。

 「いい稽古ができ、しっかり準備ができた。あとはしっかりと結果を残すだけ」

 年6場所制となった昭和33年以降の横綱ではワースト記録の8場所連続休場から、復帰2場所目。力強い言葉に自信がにじむ。

 10勝を挙げて引退の危機を乗り越えた先場所後、秋巡業から順調にけいこを重ねた。九州入り後は連日、対戦が予想される力士のもとへ積極的に出稽古に繰り出した。得意の左からの攻めも戻り、6日の九重部屋への出稽古後には、目標について「もちろん優勝です」と言い切った。

 硬さが目立った先場所前とは違い、表情も柔らかだ。報道陣にそのことを問われると、「気のせいじゃないですか」とほほ笑む余裕も見せた。

 初めての一人横綱についても、「やることは変わらない。最後までしっかり(土俵を)務めたい」と平常心を強調。「明日の相撲に集中したい」と闘志を高める。

 初日の相手は過去2勝2敗の難敵、小結貴景勝。新横綱だった昨年春場所以来の優勝へ、そして平成最後の九州場所の主役へ、最初の一歩を踏み出す。 (月僧正弥)

  • 土俵祭りでは八角理事長らが参加し、15日間の安全を祈願した