2018.11.11 01:00

女子で森5位、宇山8位/トランポリン

女子で森5位、宇山8位/トランポリン

女子個人準決勝 演技する森ひかる=サンクトペテルブルク(AP)

女子個人準決勝 演技する森ひかる=サンクトペテルブルク(AP)【拡大】

 トランポリンの世界選手権最終日は10日、ロシアのサンクトペテルブルクで行われ、五輪種目の個人決勝で女子の森ひかる(金沢学院大ク)は55・510点で5位、宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)は54・340点で8位だった。

 準決勝の上位8人(各国・地域最大2人)で得点を持ち越さずに争われ、五輪2連覇のロザンナ・マクレナン(カナダ)が57・180点で2013年大会以来2度目の優勝を果たした。

 準決勝で森は5位、宇山は8位通過し、高木裕美(金沢学院大ク)は敗退。男子の外村哲也(アムス・インターナショナル)上山容弘(ベンチャーバンク)堺亮介(星稜ク)は突破できなかった。決勝では高磊(中国)が62・255点をマークして3連覇した。(共同)

森ひかるの話「自信を持ってできた。あのメンバーで5位は価値がある。世界との差はまだあるけど、アピールはできた。自分に花丸をあげたい」

宇山芽紅の話「準決勝は(ぎりぎりの)8位通過だったので(決勝は)伸び伸び演技するのが目標だった。それができて良かった」

丸山章子・日本体操協会トランポリン女子強化本部長の話「日本から2人の決勝進出が目標だったので、達成できた。(森は)日本のエースと呼べる存在に成長してきた」

  • 女子個人準決勝演技する宇山芽紅=サンクトペテルブルク(AP)
  • 女子個人準決勝演技する宇山芽紅=サンクトペテルブルク(AP=共同)
  • 女子個人準決勝演技する高木裕美=サンクトペテルブルク(AP)
  • 女子個人準決勝演技する森ひかる=サンクトペテルブルク(AP)