2018.11.11 05:03(1/3ページ)

東京、新谷でVだ!「第34回東日本女子駅伝」11日号砲/駅伝

東京、新谷でVだ!「第34回東日本女子駅伝」11日号砲/駅伝

開会式を終えて、ポーズを決める新谷(後列右から2人目)ら東京のメンバー (撮影・福島範和)

開会式を終えて、ポーズを決める新谷(後列右から2人目)ら東京のメンバー (撮影・福島範和)【拡大】

 秋の福島路を駆け抜ける「第34回東日本女子駅伝」は11日、福島市の信夫ケ丘競技場を発着点とする9区間、42・195キロで行われる。10日は福島市内で開会式などが行われた。東京は2012年ロンドン五輪代表で、4年ぶりに現役に復帰した新谷(にいや)仁美(30)=ナイキTOKYO TC=をアンカーに据え、10年ぶり9度目の優勝を狙う。

 4年ぶりに現役復帰した新谷が、アンカーとして力強く宣言した。

 「やるからには1番じゃないと気が済まない。(前との差が)1分以内だったら縮められる」

 2012年ロンドン五輪で5000メートル、1万メートルに出場。13年のモスクワ世界選手権では1万メートルで残り1周あまりまで先頭を引っ張り5位入賞と、世界のトップと戦ってきた。ところが翌年1月、25歳の全盛期に突然の引退。右足の足底筋膜炎が主な理由だったが「好奇心が旺盛なので、いろんな世界を見たかった」。

【続きを読む】

  • 開会式を終えて、写真撮影に臨む東京都チームの新谷仁美
  • 2012年ロンドン五輪陸上女子1万メートルで先頭を走る新谷(右端)。日本勢トップの9位と健闘した