2018.11.10 21:10

右肩手術の坂井が実戦復帰 4位に「3位には入りたかった」/競泳

右肩手術の坂井が実戦復帰 4位に「3位には入りたかった」/競泳

男子200メートルバタフライ決勝 4位の坂井聖人=東京辰巳国際水泳場

男子200メートルバタフライ決勝 4位の坂井聖人=東京辰巳国際水泳場【拡大】

 短水路(25メートルプール)で争う競泳のワールドカップ(W杯)東京大会は10日、東京辰巳国際水泳場で行われた。

 リオデジャネイロ五輪男子200メートルバタフライ銀メダルの坂井(セイコー)が実戦復帰した。7月末に右肩に激しい痛みが出て、8月上旬に右肩の良性腫瘍を除去する手術を受けた。この日は同種目で4位にとどまり「この状態でも3位には入りたかった」と悔しがった。

 まだ痛みは残っているそうで、左肩にも故障を抱える。それでも、2年後の東京五輪で金メダルを狙う実力者は「今の状態では勝てないが、自分を見つめ直すきっかけになっている」と前向きに受け止めた。