2018.11.10 05:03(1/3ページ)

宇野、転んだって貫禄SP首位発進!10日勝って「ファイナル」一番乗り/フィギュア

宇野、転んだって貫禄SP首位発進!10日勝って「ファイナル」一番乗り/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
宇野昌磨
宇野はフラメンコ風にアレンジした曲を披露。華麗なステップでファンを沸かせた

宇野はフラメンコ風にアレンジした曲を披露。華麗なステップでファンを沸かせた【拡大】

 フィギュアスケート・NHK杯第1日(9日、広島県立総合体育館)グランプリ(GP)シリーズ第4戦。開幕し、男子ショートプログラム(SP)で第2戦のスケートカナダ覇者、宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が4回転トーループで転倒したが、92・49点で首位発進した。女子SPでGPデビュー戦の16歳、紀平(きひら)梨花(関大KFSC)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で回転不足となって転倒し、69・59点で5位。第1戦のスケートアメリカ優勝の宮原知子(20)=関大=が76・08点で2位だった。男女のフリーは10日に行われる。

 敗者のように反省が口をつく。対抗馬は見当たらない。ライバルは自分自身とする宇野だからこそ、ミスがありながらの首位発進に納得するわけにはいかなかった。

 「決して良い演技ではない。イメージ通りの失敗でした」

【続きを読む】

  • 男子SPで演技する宇野昌磨=広島市中区・広島グリーンアリーナ(撮影・加藤孝規)
  • 男子SPで演技する宇野昌磨=広島市中区・広島グリーンアリーナ(撮影・加藤孝規)
  • 宇野昌磨・SP得点詳細
  • 男子SP・上位成績
  • フィギュアスケート・2018-19年シーズンの主要大会成績&日程&男女の主な出場予定選手