2018.11.10 15:37

和毅「亀田家大復活します」 対戦相手メディナは30分遅刻も余裕の表情/BOX

和毅「亀田家大復活します」 対戦相手メディナは30分遅刻も余裕の表情/BOX

特集:
亀田和毅
調印を終えて写真撮影に応じる亀田和毅(左)とアビゲイル・メディナ(右)=後楽園ホール(撮影・今野顕)

調印を終えて写真撮影に応じる亀田和毅(左)とアビゲイル・メディナ(右)=後楽園ホール(撮影・今野顕)【拡大】

 世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級暫定王者決定戦(12日・後楽園ホール)の調印式が10日、東京都内で行われ、元世界王者で同級2位の亀田和毅(協栄)は「プレッシャーはなく最高の状態。どこまでできるか自分でも楽しみ」と意気込みを語った。

 バンタム級から1階級上げ、新たに取り入れた筋力トレーニングでパワーに自信をつけてきた。兄の興毅、大毅に続く3兄弟での世界複数階級制覇も懸かり「最高の試合をして、亀田家大復活します」と話した。

 同級1位のアビゲイル・メディナ(スペイン)は寝坊したといい、30分ほど遅れて到着した。闘い方について聞かれると「特別なことはないが、リングでお見せします」と余裕の表情だった。

  • 写真撮影終えて離れる亀田和毅(左)とアビゲイル・メディナ(右)=後楽園ホール(撮影・今野顕)
  • メディナのヒゲにかみつく金平桂一郎会長。右は亀田和毅=後楽園ホール(撮影・今野顕)
  • 試合用のグローブをチェックする亀田和毅=後楽園ホール(撮影・今野顕)
  • 金平会長にヒゲのことを言われて厳しい表情のアビゲイル・メディナ=後楽園ホール(撮影・今野顕)
  • 30分も遅刻して会場入りするアビゲイル・メディナ=後楽園ホール(撮影・今野顕)