2018.11.10 19:48

マラソンで世界新のキプチョゲ、勝利の極意伝授 設楽らとイベント参加

マラソンで世界新のキプチョゲ、勝利の極意伝授 設楽らとイベント参加

 9月のベルリン・マラソンで2時間1分39秒の世界新記録を樹立したエリウド・キプチョゲ(ケニア)が10日、契約するナイキが東京都内で開催したイベントに参加し、前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)らとのトークセッションでは「勝つことではなく、勝つための準備をすることが大事」と持論を述べた。

 その後はベルリン4位の中村匠吾(富士通)、男子1万メートル日本記録を持つ村山紘太(旭化成)、強豪大学の学生らと練習をともにし「大事なのは楽しむこと」などと声を掛けた。中村は「少しでも追い付けるように努力したい」と語り、世界一の走りを観察した設楽は「日本人と比べて腕の振り、歩幅に一番違いを感じた。選手として追い掛けないといけない存在」と口元を引き締めた。