2018.11.9 17:48

大麻所持疑いで追手門学院大アメフット部主将ら2人を逮捕

大麻所持疑いで追手門学院大アメフット部主将ら2人を逮捕

特集:
アメフット

 近畿厚生局麻薬取締部は9日までに、大麻取締法違反(所持)の疑いで、いずれも追手門学院大(大阪府茨木市)4年で、アメリカンフットボール部主将の直圭一郎容疑者(21)=大阪府茨木市=と、境勘助容疑者(21)=堺市南区=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は6日午後、直容疑者宅で大麻を所持した疑い。麻薬取締部が家宅捜索し、大麻を発見。8日に学内のアメフット部の部室も捜索したが、押収物はなかった。

 大学によると、2人は友人で、境容疑者はクラブに所属していない。聞き取り調査に対し、複数の部員が「夏ごろから主将が大麻をやっていたのは知っていた」「電話で違法薬物の取引とみられる話をしていた」と答えたという。同部は6日から活動を自粛し、所属する関西学生アメリカンフットボール連盟3部リーグの公式戦出場も辞退するとしている。

 川原俊明学長は9日に記者会見し「責任を感じており申し訳ない。懲戒規定に基づき厳正に処分する」と述べた。今後、全学生を対象にアンケートをするなどして再発防止に努めるとした。