2018.11.9 21:46

山本、念願の舞台に感慨「楽しく滑れた」/フィギュア

山本、念願の舞台に感慨「楽しく滑れた」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は9日、広島県立総合体育館で開幕し、男子ショートプログラム(SP)で山本草太(中京大)は74・98点で6位だった。

 3度の手術の末にようやく立ったGPの舞台。それも国内のファンが集まるNHK杯で、苦境を乗り越えた山本は右足首を骨折する原因となったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、伸び伸びと演じきり「楽しく滑れた」と感慨に浸った。

 2016年冬季ユース五輪王者に輝いた後に悪夢に襲われた。1回転から徐々にジャンプのレベルを上げ、感覚を取り戻してきただけに「一日一日が長く感じた。道のりが遠かった実感はあるが、たどり着けてうれしい」と声を弾ませた。