2018.11.9 20:47

宇野、4回転で転倒も「思いきりいった結果。心残りはあまりない」/フィギュア

宇野、4回転で転倒も「思いきりいった結果。心残りはあまりない」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
宇野昌磨
男子SPで演技する宇野昌磨=広島市中区・広島グリーンアリーナ(撮影・加藤孝規)

男子SPで演技する宇野昌磨=広島市中区・広島グリーンアリーナ(撮影・加藤孝規)【拡大】

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯(9日、広島県立総合体育館)日本勢は男子で第2戦のスケートカナダ覇者の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は92・49点で首位発進した。山本草太(18)=中京大=は74・98点で6位、佐藤洸彬(22)=南部美人=は67・38点で10位だった。 

 予定していた4回転-3回転の2連続トーループで転倒しコンビネーションにできなかった宇野は、「大きな転倒をしてしまったけど思いきりいった結果。心残りはあまりない」と納得の表情。スケートカナダで失敗したジャンプの基礎点が1・1倍になる後半のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は決め、「どうしても着氷したかった」と胸を張った。「しっかり気持ちをリセットして、強い気持ちでフリーではもっといい演技ができるように臨みたい」と前を向いた。

  • 男子SPで演技する宇野昌磨=広島市中区・広島グリーンアリーナ(撮影・加藤孝規)