2018.11.8 05:01

和毅、リーチ7センチ伸びた!世界初の3兄弟世界2階級制覇へ予備検診異常なし/BOX

和毅、リーチ7センチ伸びた!世界初の3兄弟世界2階級制覇へ予備検診異常なし/BOX

特集:
亀田和毅
予備検診を終え握手を交わす亀田(左)とメディナ

予備検診を終え握手を交わす亀田(左)とメディナ【拡大】

 WBC世界Sバンタム級暫定王座決定戦(12日、東京・後楽園ホール)の予備検診が7日、東京都内で行われ、同級2位の亀田和毅(27)=協栄、同級1位のアビゲイル・メディナ(30)=スペイン=はともに異常なしと診断された。

 約5年ぶりの予備検診を終え、数値を見た亀田は「過去最高にいい。全てやってきたんで、リングの上で出すだけ」と納得の表情を浮かべた。

 1階級上のSバンタム級に転向して3年以上。前回、国内で世界戦を行ったバンタム級時代の2013年12月と比べて胸囲が87センチから95センチにアップし、メディナを13・5センチも上回った。さらにリーチは1メートル63から7センチも伸びた。肉体強化の成果が数字に示された。

 この日、メディナと初対面したが「普通。何の心配もない」。長兄の興毅氏(31)、次兄の大毅氏(29)に続く世界初の3兄弟世界2階級制覇へ、“亀田家の最終兵器”が胸を張った。 (伊藤隆)

アビゲイル・メディナ「亀田の印象は普通の人。ハンマーのように硬く、重いパンチでオレが勝つ」