2018.11.7 08:43

植草「賢さが上回った」 相手のミスを逃さず連打/空手

植草「賢さが上回った」 相手のミスを逃さず連打/空手

女子組手68キロ超級準決勝 フランス選手(右)と対戦する植草歩=マドリード(共同)

女子組手68キロ超級準決勝 フランス選手(右)と対戦する植草歩=マドリード(共同)【拡大】

 空手の世界選手権は6日、マドリードで開幕し、組手で2連覇を目指す女子68キロ超級の植草歩(JAL)は10日の決勝に進み、銀メダル以上を確定させた。植草は初戦から全4試合で無失点と、危なげない試合運びだった。

 準決勝を終えた植草は「賢さが上回った」と笑顔で言った。相手が返し技をミスした瞬間を逃さず、連打を打ち込んで上段突きを決めてリード。試合終了間際には焦って攻め込む相手にもう一発、突きを浴びせた。

 初戦から全4試合で無失点。両者無得点で判定にもつれた準々決勝でも、終始圧倒して旗は全5本が植草に上がった。世界選手権を初制覇した2年前と比べ「すごく自信がついた。王者の余裕みたいなのが自分にはあった」と言う。満を持して2連覇に挑む。(共同)

  • 女子組手68キロ超級準決勝フランス選手(手前)と対戦する植草歩=マドリード(共同)
  • 女子組手68キロ超級準決勝で、得点を奪い喜ぶ植草歩=マドリード(共同)