2018.11.7 00:48

喜友名と清水が決勝進出 喜友名「他を圧倒するような演武で勝ちたい」/空手

喜友名と清水が決勝進出 喜友名「他を圧倒するような演武で勝ちたい」/空手

  • 女子個人形準決勝演武する清水希容=マドリード(共同)
  • 女子個人形準決勝演武する清水希容=マドリード(共同)
  • 女子個人形準決勝演武する清水希容=マドリード(共同)
  • 男子個人形で演武する喜友名諒の初戦=マドリード(共同)

 空手の世界選手権は6日、マドリードで開幕し、形でともに3連覇を目指す男子の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)、女子の清水希容(ミキハウス)が決勝に進出して銀メダル以上を確定させた。2人とも初戦から準決勝まで5試合全てで5-0の完勝だった。

 組手は男子84キロ超級の香川幸允(テアトルアカデミー)が1回戦でトルコ選手に敗れた。女子68キロ超級は前回覇者の植草歩(JAL)が出場。

 決勝と3位決定戦は10日に実施される。(共同)

喜友名諒の話「焦らずにできた。決勝の舞台で出し切って、他を圧倒するような演武で勝ちたい」