2018.11.6 05:01

五輪メダリスト同士が結婚!スピードスケートの長島氏と菊池さん

五輪メダリスト同士が結婚!スピードスケートの長島氏と菊池さん

長島圭一郎氏

長島圭一郎氏【拡大】

 日本スケート連盟は5日、スピードスケートで2010年バンクーバー五輪男子500メートル銀メダリストの長島圭一郎氏(36)と、2月の平昌五輪女子団体追い抜き優勝メンバーの菊池彩花さん(31)が10月23日に結婚したと発表した。

 長島氏は4月にショートトラックのナショナルチーム(NT)のヘッドコーチに就任。菊池さんは五輪後に現役を退き、スピードスケートのNTの指導者となった。

 日本連盟を通じて長島氏は「お互い新米のコーチでまだまだ未熟ですが、今後ともご指導を賜りますよう、お願い申し上げます」。16年8月、練習中に転倒し、スケートの刃で右足の腱を断裂した菊池さんは「大けがをしたときに一番近くで支えてくれた」とコメントした。

長島 圭一郎(ながしま・けいいちろう)

 1982(昭和57)年4月20日生まれ、36歳。北海道・池田町出身。3歳でスケートを始める。池田高-日大-日本電産サンキョー。五輪は2006年トリノ大会から3大会連続で出場し、10年バンクーバー大会で500メートル銀。W杯通算13勝。15年に現役引退。今年4月にショートトラックのナショナルチームのヘッドコーチに就任。500メートル日本歴代2位(34秒24)。現役時のサイズは1メートル72、70キロ。

菊池 彩花(きくち・あやか)

 1987(昭和62)年6月28日生まれ、31歳。長野県出身。長野・佐久長聖高-富士急。五輪は2014年ソチ大会から2大会連続で出場し、18年平昌大会では女子団体追い抜き金。今年4月に現役を引退し、スピードスケートのナショナルチームの指導者となった。現役時のサイズは1メートル70、61キロ。

  • 菊池彩花さん