2018.11.6 19:16

埼スタは5駅からバス運行 東京五輪、都外観客輸送案

埼スタは5駅からバス運行 東京五輪、都外観客輸送案

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は6日、埼玉、千葉、神奈川各県にある会場の観客輸送ルート案を公表し、サッカーの埼玉スタジアム(さいたま市)は近隣の埼玉高速鉄道浦和美園駅、JR浦和駅など5駅からシャトルバスを運行する計画となった。ゴルフの霞ケ関CC(埼玉県川越市)はJR川越駅など、射撃の陸上自衛隊朝霞訓練場は東武東上線朝霞駅など各3駅からピストン輸送する案となっている。

 複数の駅を起点として運ぶことで、輸送力を確保する狙いがある。

 サーフィンの釣ケ崎海岸(千葉県一宮町)はJR上総一ノ宮駅からシャトルバス輸送を行うほか、近郊まで自動車で来てもらい、駐車後にバスで会場に輸送する「パークアンドバスライド」も検討している。霞ケ関CCも同様の対応をする可能性がある。