2018.11.5 19:53

コンサドーレ、中国と全勝対決で初黒星「わずかな石の動かし方の差」/カーリング

コンサドーレ、中国と全勝対決で初黒星「わずかな石の動かし方の差」/カーリング

 カーリングの世界選手権出場権を懸けたパシフィック・アジア選手権第3日は5日、韓国の江陵で1次リーグが行われ、男子日本代表のコンサドーレは中国に5-9で競り負け、2勝1敗となった。

 日本男子のコンサドーレは中国との全勝対決に敗れた。第1、3エンドにそれぞれ2失点。連続得点などで第8エンドには同点としたが及ばなかった。スキップ松村は「課題である試合の入り方が悪かった。リスク管理をしながら1点に抑えられれば良かった」と序盤の戦いを反省した。

 ショット成功率で中国を上回ったが、要所での精度と、数字に表れない数センチの石の配置で劣った。松村は「わずかな石の動かし方の差。こういうところを詰めていきたい」と話した。(共同)

阿部晋也の話「最初の2点で相手の流れになった。追い上げはしたが、最後は押し切られた。ここぞで中国に決められ、うちはチャンスに決められなかった」