2018.11.4 20:05

内村、金メダルなしに危機感「他の競技にも影響する」/体操

内村、金メダルなしに危機感「他の競技にも影響する」/体操

特集:
内村航平
世界体操の全日程を終え、種目別鉄棒の銀メダルを手にガッツポーズする内村航平=ドーハ(撮影・桐山弘太)

世界体操の全日程を終え、種目別鉄棒の銀メダルを手にガッツポーズする内村航平=ドーハ(撮影・桐山弘太)【拡大】

 体操の世界選手権最終日は3日、ドーハで種目別決勝後半が行われた。日本勢は今大会で計6個のメダルを手にしたが、11年ぶりに金メダルはなかった。

 日本勢は11年ぶりに金メダルなしに終わった。男子のエース内村は「(2年後の)東京五輪を考えると、体操で金がないと他の競技にも影響する」と危機感をあらわにした。

 男子の団体総合、白井の種目別床運動と有力種目で頂点に届かなかった。日本体操協会の水鳥男子強化本部長は「残念な結果をお伝えすることになってしまったけど、東京に向けては金メダルを取れるようにやっていきたい」と結んだ。(共同)

  • 体操の世界選手権最終日、男子種目別鉄棒の決勝の演技を終え、手をたたく内村航平=ドーハ(共同)
  • 体操の世界選手権最終日、男子種目別鉄棒の決勝で演技する内村航平=ドーハ(共同)