2018.11.4 05:01

村上、完成度重視の構成で床「銅」 ミス最小限に表彰台を守る/体操

村上、完成度重視の構成で床「銅」 ミス最小限に表彰台を守る/体操

種目別決勝の床運動で銅メダルを獲得した村上茉愛=ドーハ(撮影・桐山弘太)

種目別決勝の床運動で銅メダルを獲得した村上茉愛=ドーハ(撮影・桐山弘太)【拡大】

 体操・世界選手権(3日、ドーハ)種目別決勝後半が行われ、女子床運動で2連覇を狙った村上茉愛(まい、22)=日体大=は13・866点で3位となり、個人総合の銀メダルに続いて今大会2個目のメダルを獲得した。

 昨年、日本女子で初めて種目別床運動の世界一に輝いた村上は「金メダリストとして恥じない演技をしなければと自覚し、練習に取り組んできた」。序盤の4回ターンで乱れがあっても立て直し、完成度を重視して磨き上げた構成を最小限のミスにまとめ上げて表彰台を守り抜いた。今夏に段違い平行棒の練習で右足首の靱帯を部分断裂。国内のものよりも低反発の器具に「最初は板を蹴っているみたいだった」と苦戦したが、積み上げたものを信じて力強く舞った。

  • 種目別決勝村上茉愛の床運動=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 種目別決勝村上茉愛の床運動=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 種目別決勝村上茉愛の床運動=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 種目別決勝村上茉愛の床運動=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 種目別決勝村上茉愛の床運動=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 種目別決勝村上茉愛の床運動=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 種目別決勝の床運動で銅メダルを獲得し、優勝した米国のシーモン・バイルス(中央)、2位のモーガン・ハード(右)と記念撮影する村上茉愛(左)=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 女子種目別で銅メダルを獲得した村上茉愛=ドーハ(共同)
  • 種目別決勝の床運動で、3位となった村上茉愛=ドーハ(撮影・桐山弘太)