2018.11.2 05:03(1/3ページ)

日本女子初の快挙!村上が個人総合で銀 ラスト床で逆転「つかみ取った」/体操

日本女子初の快挙!村上が個人総合で銀 ラスト床で逆転「つかみ取った」/体操

体操ニッポン女子のエース、村上が個人総合で日本勢初の銀メダルを獲得。笑顔でポーズをとった (共同)

体操ニッポン女子のエース、村上が個人総合で日本勢初の銀メダルを獲得。笑顔でポーズをとった (共同)【拡大】

 体操・世界選手権第8日(1日、ドーハ)女子個人総合決勝が行われ、昨年4位の村上茉愛(まい、22)=日体大=が4種目合計55・798点をマークし、同種目の日本勢で過去最高の銀メダルを獲得した。日本女子の表彰台は2009年の鶴見虹子の3位以来となった。寺本明日香(22)=ミキハウス=は54・299点で10位。16年リオデジャネイロ五輪女王のシモーン・バイルス(21)=米国=が57・491点で4度目の優勝を飾った。

 安堵(あんど)の涙は、次第に歓喜の涙へと変わった。日本勢9年ぶりの表彰台を決めると、村上はフロアを駆け出し、客席の最前列から身を乗り出した母の英子さんと熱い抱擁を交わした。

 「悔いのない状態で終わりたかった。自分でつかみ取った銀メダル。本当に良かった。(演技後の涙は)緊張がほぐれて出た」

【続きを読む】

  • 村上は得意の床運動で高得点をマーク。最後の種目で力を出し切った(撮影・桐山弘太)
  • 女子個人総合決勝銀メダルを掲げる村上茉愛=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 女子個人総合決勝村上茉愛の平均台=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 女子個人総合決勝平均台を終え、笑顔でガッツポーズする村上茉愛=ドーハ(共同)
  • 女子個人総合決勝村上茉愛の床運動=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 女子個人総合決勝村上茉愛の床運動=ドーハ(共同)
  • 女子個人総合決勝村上茉愛の床運動=ドーハ(共同)
  • 女子個人総合決勝銀メダルが決まり優勝したシーモン・バイルス(米国)と抱き合う村上茉愛=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 女子個人総合決勝銀メダルを獲得した村上茉愛=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 女子個人総合決勝村上茉愛の跳馬=ドーハ(共同)
  • 女子個人総合決勝・上位成績
  • 体操・世界選手権の日本女子のメダル