2018.11.1 08:31

肖若騰、同点でのV逸恨み節なし「審判員やライバルに敬意」/体操

肖若騰、同点でのV逸恨み節なし「審判員やライバルに敬意」/体操

 体操の世界選手権第7日は10月31日、ドーハで男子個人総合決勝が行われ、予選10位の萱和磨(順大)は6種目合計84・765点で6位、予選6位だった昨年3位の白井健三(日体大)は84・531点で7位に終わった。予選の得点を持ち越さずに24人で争われ、87・598点で並んだアルトゥール・ダラロヤン(ロシア)が得点の高い5種目合計で上回って初制覇を果たし、2連覇を狙った予選1位の肖若騰(中国)が2位。ニキータ・ナゴルニー(ロシア)が86・331点で3位だった。

 肖若騰はダラロヤンと同点だったが、得点が高い5種目合計で2位となった。2連覇を逃したが「審判員やライバルに敬意を表する。結果には満足している」と恨み節はなかった。

 団体総合決勝ではミスがあったものの、この日はハイレベルな演技を見せ、得点は昨年よりも上だった。全6種目でただ一人、14点以上を並べてオールラウンダーとしての強さを示した。(共同)