2018.10.31 17:09

貴ノ岩兄「モンゴル人は日本人のように物事を正しく理解する人は少ない」

貴ノ岩兄「モンゴル人は日本人のように物事を正しく理解する人は少ない」

特集:
元日馬富士・暴行問題

 大相撲の元横綱日馬富士の傷害事件で被害を受け、慰謝料など約2400万円の損害賠償を求めた民事訴訟を取り下げた平幕貴ノ岩(28)の兄ルブサン・アディヤさんが31日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に電話出演。弟に対するモンゴルでのバッシングについて語った。

 貴ノ岩は慰謝料や治療費のほか、事件がなければ得られたと見込まれる給与、幕内力士に懸けられる懸賞金も遺失利益とし、計2413万5256円請求していたが、母国モンゴルからの“ブーイング”によって取り下げざるを得なくなった。損害賠償は求めず、治療費も自ら負担するとしている。

 アディヤさんは「モンゴル人は日本人のように物事を正しく理解する人は少ない。だから間違った方面から物事を考えてしまう」と嘆いた。「モンゴルでは今でも、まだまだ優勝回数を伸ばす可能性があった元日馬富士を引退に追い込んだと弟が非難されている。横綱を引退に追い込んだとあれこれ言われるのが、私たちにとってはストレスだった」と苦悩を明かした。

 昨年10月に秋巡業中の宴席で起きた傷害事件で元横綱日馬富士は引責引退。貴ノ岩の師匠だった元貴乃花親方(46)=元横綱=は日本相撲協会と対立を深め、今月1日付で協会を退職するまでに至った。