2018.10.31 16:59

白鵬は九州場所出場に不透明感増す 四股でぐらつく、すり足回避

白鵬は九州場所出場に不透明感増す 四股でぐらつく、すり足回避

 10月18日に右膝の骨片除去手術を受けた大相撲の横綱白鵬が31日、福岡県篠栗町の宮城野部屋で稽古を再開したが、患部にサポーターを着け、四股やてっぽうなどの基礎運動にとどまった。右膝に力を入れて動くことについて「来週にはしたい」と話すなど慎重な調整の見通しで、九州場所(11月11日初日、福岡国際センター)の出場に不透明感が増した。

 白鵬は右膝とともに、右足首の遊離軟骨を取り除くクリーニング手術を受けていたことを明かした。足首にテーピングを施し「今日は足首が痛かった」と説明した。

 現時点では右足をスムーズに動かすことを意識しているという。四股で左足を上げる際にぐらついたり、腰を落としてのすり足を回避したりと、相撲を取るまでには時間がかかりそうだ。

 9月の秋場所で5場所ぶり41度目の優勝を全勝で果たしたが、右膝痛の悪化で手術を決断した。33歳の白鵬は「今は手術が無事に終わったという思い。すっきりするのは、場所に出て結果が出てからだろうね」と、もどかしそうな表情で語った。