2018.10.31 11:46

貴ノ岩兄「横綱からお金を取ろうとしている」 母国でのバッシング語る

貴ノ岩兄「横綱からお金を取ろうとしている」 母国でのバッシング語る

貴ノ岩

貴ノ岩【拡大】

 大相撲の元横綱日馬富士の傷害事件で被害を受け、慰謝料など約2400万円の損害賠償を求めた民事訴訟を取り下げた平幕貴ノ岩(28)の兄ルブサン・アディヤさんが31日、日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・0)に電話出演。弟に対するモンゴルでのバッシングについて語った。

 貴ノ岩は慰謝料や治療費のほか、事件がなければ得られたと見込まれる給与、幕内力士に懸けられる懸賞金も遺失利益とし、計2413万5256円請求していたが、母国モンゴルからの“ブーイング”によって取り下げざるを得なくなった。損害賠償は求めず、治療費も自ら負担するとしている。

 アディヤさんは「街で人に会うと、『君の弟は相撲を取らないくせに、横綱にわざと問題を起こして横綱からお金を取ろうとしている』と言われて、街中で口げんかをしたことは何回かあった」と明かした。「このままでは対立が深まり、家族にとって良いことは一つもない。兄として、早くこの問題を終わりにしようと弟に助言した」と経緯を説明した。

 昨年10月に秋巡業中の宴席で起きた傷害事件で元横綱日馬富士は引責引退。貴ノ岩の師匠だった元貴乃花親方(46)=元横綱=は日本相撲協会と対立を深め、今月1日付で協会を退職するまでに至った。