2018.10.31 05:03(1/2ページ)

貴ノ岩、提訴取り下げ…家族から「裁判をやめてくれ」

貴ノ岩、提訴取り下げ…家族から「裁判をやめてくれ」

特集:
元日馬富士・暴行問題
千賀ノ浦部屋の朝稽古で四股を踏む貴ノ岩。提訴を取り下げ、相撲に集中する

千賀ノ浦部屋の朝稽古で四股を踏む貴ノ岩。提訴を取り下げ、相撲に集中する【拡大】

 大相撲の元横綱日馬富士の傷害事件で被害を受け、慰謝料など約2400万円の損害賠償を求めて民事訴訟を起こした東前頭6枚目貴ノ岩(28)が30日、提訴を取り下げた。母国モンゴルでバッシングが起き、「家族から『耐えられない』と連絡があった」などと文書で理由を説明した。秋巡業中の昨年10月に鳥取市内で発生した事件にかかわる波紋は、曲折を経て沈静化する。

 現役力士が訴訟を起こした極めて異例の法廷闘争が、原告の貴ノ岩が提訴を取り下げたことで急転、収拾へ向かう。

 傷害事件による慰謝料や治療費のほか、事件がなければ得られたと見込まれる給与、幕内力士に懸けられる懸賞金も遺失利益とし、計2413万5256円請求していたが、母国モンゴルからの“ブーイング”によって取り下げざるを得なくなった。

 代理人言弁護士が発表した貴ノ岩の署名入りの文書によれば「モンゴルでは想像を超える強烈なバッシングが始まった」とした上で、家族から貴ノ岩に「何度も耐えられないとの連絡があり、裁判をやめてくれとの要請があった」と説明。「家族がつらい思いをすることは耐えられない」と記した。

 損害賠償は求めず、治療費も自ら負担するとしている。11月の九州場所(11日初日、福岡国際センター)へ向け、すでに福岡入りしている貴ノ岩はこの日、福岡市内で開かれた十両以上の関取で構成される力士会へ出席。取り下げは自身の判断によるものと認め、「代理人(弁護士)が発表した通り」と応じた。

 昨年10月に秋巡業中の宴席で起きた傷害事件で、元横綱日馬富士は引責引退。貴ノ岩の師匠だった元貴乃花親方(46)=元横綱=は日本相撲協会と対立を深め、今月1日付で協会を退職するまでに至った。

【続きを読む】

  • 日馬富士(元横綱)インタビュー=9月25日午後、東京都江東区(宮川浩和撮影)
  • 貴ノ岩