2018.11.1 00:43(1/2ページ)

【試合結果】男子個人総合、日本は23年ぶりメダルなし 内村不在響き萱6位&白井7位/体操

【試合結果】

男子個人総合、日本は23年ぶりメダルなし 内村不在響き萱6位&白井7位/体操

特集:
内村航平
男子個人総合決勝 7位で競技を終えた白井健三と6位の萱和磨(右)=ドーハ(撮影・桐山弘太)

男子個人総合決勝 7位で競技を終えた白井健三と6位の萱和磨(右)=ドーハ(撮影・桐山弘太)【拡大】

 体操・世界選手権第7日(31日、ドーハ)男子個人総合決勝が行われ、萱和磨(21)=順大=は6種目合計84・765点で6位、昨年3位の白井健三(22)=日体大=は84・531点で7位。日本が派遣を中止した2001年大会を除き、出場した世界選手権で1995年大会以来23年ぶりのメダルなしに終わった。

 予選の得点を持ち越さずに24人で争われた。予選を白井は6位、萱は10位で通過。五輪2連覇の内村航平(29)=リンガーハット=は右足首故障の影響で全6種目の個人総合出場を断念し、3種目のみの演技だった。

 昨年と同じ内村不在の男子個人総合決勝。白井は2大会連続表彰台の期待に応えられなかった。萱も及ばず、全6種目を演技する選手を育成する体操ニッポンの伝統が途切れた。

 第1種目の床運動で白井はH難度の「シライ3(後方伸身2回宙返り3回ひねり)」を外した構成をまとめ、同じローテーションでライバルとなるロシア勢らを上回る14・900点をマークし得意種目で首位発進。しかし、続くあん馬で狙っていたDスコア(演技価値点)を取れず、得点を伸ばせなかった。

 3年ぶりの出場となった萱は、得意のあん馬からの前半3種目をほぼ完璧な内容でまとめた。あん馬では団体総合決勝と同様に大技のブスナリを抜いた構成をまとめるとつり輪、跳馬も力強く、自らを鼓舞するように何度も両腕を突き上げた。

【続きを読む】

  • 男子個人総合決勝床運動を終えガッツポーズの白井健三=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 男子個人総合決勝白井健三の床運動=ドーハ(共同)
  • 男子個人総合決勝白井健三のあん馬=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 男子個人総合決勝跳馬を終え笑顔を見せる白井健三=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 男子個人総合決勝白井健三の跳馬=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 男子個人総合決勝白井健三の平行棒=ドーハ(桐山弘太撮影)
  • 男子個人総合決勝あん馬を終えガッツポーズする萱和磨=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 男子個人総合決勝6位となりスタンドに手を振る萱和磨=ドーハ(撮影・桐山弘太)