2018.10.31 08:22

畠田瞳、初代表で大役果たす 田中監督「団体戦でこれから主力になる選手」/体操

畠田瞳、初代表で大役果たす 田中監督「団体戦でこれから主力になる選手」/体操

女子団体総合決勝 平均台を終え笑顔の畠田瞳=ドーハ(共同)

女子団体総合決勝 平均台を終え笑顔の畠田瞳=ドーハ(共同)【拡大】

 体操の2020年東京五輪予選を兼ねた世界選手権第6日は30日、ドーハで女子団体総合決勝が行われ、16年リオデジャネイロ五輪4位の日本は4種目合計160・262点で6位に終わり、3位までの五輪出場枠獲得はならなかった。五輪2連覇の米国が171・629点で4連覇し、ロシアが162・863点で2位、中国が162・396点で3位だった。

 初出場で予選に続いて全4種目に起用された18歳の畠田瞳は、堂々の演技で大役を果たした。トップを任された最初の平均台ではバランスを崩したもののこらえて落下を免れ、安堵の表情で母親の友紀子コーチと抱き合った。最後の段違い平行棒をチーム最高点で終えると「ほっとした」と涙があふれた。

 「初代表としてはほぼ完璧な演技ができた」と自信をつかんだ様子。田中監督は「安定した演技をして、数字の計算ができる。団体戦でこれから主力になる選手」と期待を寄せた。(共同)

  • 女子団体決勝に臨む(左から)村上茉愛、畠田瞳、寺本明日香=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 女子団体決勝畠田瞳の平均台=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 女子団体決勝平均台を終えた畠田瞳=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 女子団体総合決勝畠田瞳の平均台=ドーハ(共同)
  • 女子団体決勝に臨む(左から)畠田瞳、寺本明日香、村上茉愛=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 女子団体決勝畠田瞳の床運動=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 女子団体総合決勝床運動を終え歓声に応える畠田瞳=ドーハ(共同)
  • 女子団体決勝畠田瞳の跳馬=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 女子団体総合決勝跳馬で着地を決め笑顔の畠田瞳=ドーハ(共同)
  • 女子団体総合決勝畠田瞳の跳馬=ドーハ(共同)
  • 女子団体決勝畠田瞳の段違い平行棒=ドーハ(撮影・桐山弘太)
  • 女子団体総合決勝畠田瞳の段違い平行棒=ドーハ(共同)