2018.10.30 18:41

元日馬富士の代理人、モンゴルでの貴ノ岩バッシング「事実なら極めて遺憾」

元日馬富士の代理人、モンゴルでの貴ノ岩バッシング「事実なら極めて遺憾」

特集:
元日馬富士・暴行問題

 元横綱日馬富士の傷害事件を巡り、約2400万円の損害賠償を求めた訴訟を取り下げた、被害者の大相撲の平幕貴ノ岩は30日、福岡市内で取材に応じ、取り下げに納得しているかと問われ「はい」と答えた。代理人弁護士が同日に発表した貴ノ岩関の署名入りの文書は、取り下げの理由として母国モンゴルでのバッシングを挙げている。

 師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は30日の朝稽古に取り下げの連絡を受けたという。「(家族に)迷惑が掛かっていたようで、貴ノ岩も心配していた。相撲に集中してほしい」と話した。

 元日馬富士の代理人弁護士は「そのような(バッシングの)事実があるとすれば、極めて遺憾であり、もとより元日馬富士の望むところでは決してありませんし、貴ノ岩関のために何かできることがないかを真剣に考えたいと申しております」とのコメントを出した。