2018.10.30 16:37

元旭鷲山、貴ノ岩の訴え取り下げは「正解」 モンゴル国内の反応明かす

元旭鷲山、貴ノ岩の訴え取り下げは「正解」 モンゴル国内の反応明かす

元旭鷲山のダバー・バトバヤル氏

元旭鷲山のダバー・バトバヤル氏【拡大】

 初のモンゴル出身力士、元小結旭鷲山のダバー・バトバヤル氏(45)が30日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に電話出演した。

 元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)の元弟子で、千賀ノ浦部屋へ移籍したモンゴル出身の西前頭13枚目、貴ノ岩(28)が、昨年10月の宴席で元横綱日馬富士(34)からの暴行被害を巡り、慰謝料など約2400万円の損害賠償を求めた訴訟で、貴ノ岩側は30日、提訴を取り下げた。

 貴ノ岩側は「提訴により母国のモンゴルでバッシングを受けたため」などと理由を説明しているが、「こういうことになるんじゃないかと僕も思っていた」とバトバヤル氏。

 提訴後、モンゴル国内では「(貴ノ岩側が)よくないよ」という話が各地であったといい、「モンゴルではすごいトラブルになっている」と現状を伝えた。

 また、モンゴルは「先輩を大事にする」と国民性だといい「先輩とかに対して裁判を起こしたりとか、けんか売ってとか、そういうのがあんまり…法律で決まってるんじゃなくて、文化じゃなくて、そういう性格の人たちだから」と先輩に対して裁判を起こすのは“タブー”であるとした。

 提訴取り下げについては、「貴ノ岩が2400万円をもらってモンゴルに帰ってきたら、それ以上のことが起こる可能性があるから。彼は正解かなと思って。ここで自分からやめることは一番いい」と見解を述べた。