2018.10.30 11:55

貴ノ岩、元日馬富士への訴え取り下げ「モンゴルでバッシングを受けた」

貴ノ岩、元日馬富士への訴え取り下げ「モンゴルでバッシングを受けた」

特集:
元日馬富士・暴行問題

 元横綱日馬富士の傷害事件を巡り、被害者の貴ノ岩が慰謝料など約2400万円の損害賠償を求めた訴訟で、貴ノ岩側は30日、提訴を取り下げた。「提訴により母国のモンゴルでバッシングを受けたため」などと理由を説明している。

 慰謝料や治療費のほか、事件がなければ得られた給与や懸賞金、巡業手当などを請求していた。

 貴ノ岩は「モンゴルの家族から『耐えられない』『裁判をやめてくれ』と連絡があった」と文書で説明。損害賠償を一切求めず、治療費も自ら負担するとした。同日、福岡市内で取材に応じ「発表した通りです」と話した。 一方、元日馬富士の代理人弁護士は「今後も被害弁償について誠実に対応していく気持ちに変化はない」などとするコメントを出した。

 元日馬富士は昨年11月、事件の責任を取って引退。昨年12月に傷害罪で略式起訴され、罰金50万円を納付した。起訴内容などによると、秋巡業中の昨年10月26日未明、鳥取市内にあるラウンジの個室で、貴ノ岩をカラオケのリモコンで殴るなどし、約12日間のけがをさせたとしている。