2018.10.30 18:20(1/5ページ)

「帝王」ローブ5年ぶりV!タナク&トヨタ勢はパンクに泣く WRC ラリースペイン・デイ3,4

「帝王」ローブ5年ぶりV!タナク&トヨタ勢はパンクに泣く WRC ラリースペイン・デイ3,4

  • 「帝王」ローブ5年ぶりV!タナク&トヨタ勢はパンクに泣くWRCラリースペイン・デイ3,4
  • 「帝王」ローブ5年ぶりV!タナク&トヨタ勢はパンクに泣くWRCラリースペイン・デイ3,4
  • 「帝王」ローブ5年ぶりV!タナク&トヨタ勢はパンクに泣くWRCラリースペイン・デイ3,4
  • 「帝王」ローブ5年ぶりV!タナク&トヨタ勢はパンクに泣くWRCラリースペイン・デイ3,4
  • 「帝王」ローブ5年ぶりV!タナク&トヨタ勢はパンクに泣くWRCラリースペイン・デイ3,4
  • 「帝王」ローブ5年ぶりV!タナク&トヨタ勢はパンクに泣くWRCラリースペイン・デイ3,4
  • 「帝王」ローブ5年ぶりV!タナク&トヨタ勢はパンクに泣くWRCラリースペイン・デイ3,4
  • 「帝王」ローブ5年ぶりV!タナク&トヨタ勢はパンクに泣くWRCラリースペイン・デイ3,4
  • 「帝王」ローブ5年ぶりV!タナク&トヨタ勢はパンクに泣くWRCラリースペイン・デイ3,4

 10月27日(土)から28日(日)にかけてスペインのスペイン北東部カタルニア地方で開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦ラリー・スペインのデイ3,4が開催された。

 前戦トルコ同様、首位でデイ2を終えたTOYOTA GAZOO Racing WRT(World Rally Team)のタナク/ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC 8号車)。27日(土)からの2日間はターマック路面となる。スペインのターマック・ステージは路面がフラットで、中~高速のリズミカルなコーナーが続く。

 27日:Day3はサロウの北東部を中心に3本のSSを2回走行後、最後にサロウのショートSSを走行する。7本のSSの合計距離は121.80km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は465.80kmとなる 。朝から強い雨、トヨタはフルウェットのレインタイヤで挑む。

 SS8 サバラ1(Savalla1 舗装路 14.12km)最初のステージ……は安全上の理由でキャンセルされた。

 SS9 ケロル1(Querol1 舗装路 21.26km) Day3のオープニングとなったステージを制したのはタナク組。2位はラトバラ組とトヨタ勢で1-2。ラッピ組も7位とトヨタのタイヤ選択が当たった様だ。3番手はダニ・ソルド組(ヒュンダイ・i20クーペWRC)はジワジワと順位を上げ、SS7終了時から総合2位を守る。ラトバラは総合順位を一つ上げ4位に。ローブが5位に後退する。

 SS10 モンメル1(El Montmell1 舗装路 24.4km) トップはラトバラ組、2位はラッピ組が続く。3位はヌービル組、4位はオジェ組が続く。タナク組は28位……パンクだ。ラトバラ組から遅れる事1分43秒。総合順位が9位に後退する。総合トップに立ったのはこのSS5位だったソルド組。ラトバラ組はエバンス組(フォード・フィエスタWRC)をかわし、遂に総合2位に返り咲く。ソルド組は0.3秒差だ。

 SS11 サバラ2(Savalla2 舗装路 14.12km) ヌービル組がトップ。タナク組が2位。以下ラッピ組、ラトバラ組と続く。ソルド組は9位、ラドバラ組が遂に総合トップに立つ。タナク組はクレイグ・ブリーン組(シトロエン・C3WRC)を抜き総合8位に浮上する。ラトバラ組との差は1分0.4秒。

 SS12 ケロル 2(Querol1 舗装路 21.26km ローブ組がステージウイン。ヌービル組だけが0.6秒差で喰い付いたが、3位ラッピ組、ラトバラ組、タナク組と続いたトヨタ勢を5秒以上引き離すスーパータイム。総合順位は3位と変わらないが、14秒離れていたローブ組がラトバラ組迄7.5秒差と迫ってきた。

 SS13 モンメル2(El Montmell2 舗装路 24.4km) ヌービル組がトップ、オジェ組が0.9秒差の2位でこの2台が3位以下を5.7秒引き離す。オジェは一気に総合2位に浮上。総合3位ローブ組、4位エバンス組は順位を守っているが、このステージ11位だったソルド組はヌービル組にも抜かれて総合6位に陥落する。

 SS14 サロウ(Salou 舗装路 2.24km) タナク組がステージウイン。WRC2のカッレ・ロバンペラ組が2番手に飛び込む。以下、オジェ組、ローブ組、エバンス組、ヌービル組と続く。ラトバラ組は14位。ここはショートSSだが、オジェ組に2.5秒詰められた。

【続きを読む】