2018.10.29 05:03(1/2ページ)

宇野、フリーは貫禄のぶっちぎりで逆転V SP2位の「悔しさぶつけた」/フィギュア

宇野、フリーは貫禄のぶっちぎりで逆転V SP2位の「悔しさぶつけた」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
宇野昌磨
圧倒的な演技で逆転優勝を果たした宇野(共同)

圧倒的な演技で逆転優勝を果たした宇野(共同)【拡大】

 フィギュアスケート・スケートカナダ最終日(27日、カナダ・ラバル)グランプリ(GP)シリーズ第2戦。男子でショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=がフリーでトップの188・38点をマーク。合計277・25点で2連覇となるGPシリーズ通算4勝目を飾った。女子はSP3位でGPシリーズデビュー戦の山下真瑚(15)=愛知・中京大中京高=がフリーで2位の136・76点を記録し、同203・06点で2位に入る健闘をみせた。

 力強さが戻った。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒し壁に激突したSPから一夜明けたフリー。宇野は美しい旋律で彩られたベートーベンの月光を演じ切った。圧倒的な演技で逆転。2連覇達成だ。

 「(SPの)悔しさをぶつけた演技だった。トリプルアクセルは、どんなにひん曲がっても降りてやる気持ちだった」

 冒頭から3種類の4回転ジャンプを力強く跳んだ。演技後半のトリプルアクセルでは、まるで時間が止まったかのように一瞬の静寂に包まれる。鮮やかな着氷が決まった瞬間、割れんばかりの歓声がこだました。

 「最初から100%の力を出し切った」。サルコーでわずかに回転不足をとられたが、フリップでは3・77、トーループでは2・99の出来栄え点を加点した。優勝した9月のロンバルディア杯(イタリア)ではフリップは回転不足をとられてマイナス0・66、トーループは2・28だっただけに安定感も出てきた。

【続きを読む】

  • 日の丸を掲げて笑顔を浮かべた(AP)
  • 2連覇を果たした宇野昌磨のフリー演技=ラバル(共同)
  • 2連覇を果たした宇野昌磨のフリー演技=ラバル(共同)
  • 2連覇を果たした宇野昌磨のフリー演技=ラバル(共同)
  • 2連覇を果たした宇野昌磨のフリー演技=ラバル(共同)
  • 優勝し表彰台でメダルを掲げる宇野昌磨(中央)=ラバル(共同)
  • 男子・上位成績