2018.10.28 12:29(1/3ページ)

トヨタ・ヤリス&オット・タナク、逆転チャンピオンを目指して首位激走!WRC ラリースペイン・デイ1,2/自動車

トヨタ・ヤリス&オット・タナク、逆転チャンピオンを目指して首位激走!WRC ラリースペイン・デイ1,2/自動車

トヨタ・ヤリス&オット・タナク、逆転チャンピオンを目指して首位激走!WRC ラリースペイン・デイ1,2/自動車

トヨタ・ヤリス&オット・タナク、逆転チャンピオンを目指して首位激走!WRC ラリースペイン・デイ1,2/自動車【拡大】

 10月25日(木)から28日(日)にかけて、スペインのスペイン北東部カタルニア地方で開催されているFIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦ラリー・スペイン。

 TOYOTA GAZOO Racing WRT(World Rally Team)は、ラトバラ/アンティラ組(ヤリスWRC 7号車)、タナク/ヤルヴェオヤ組(8号車)、ラッピ/フェルム組(9号車)と3台のヤリスWRCで参戦。

 現在トップに立っているマニュファクチャラー選手権と、タナクが3位につけるドライバー選手権にとって重要な意味を持つ1戦だ。4日間で18本のSSを走りその合計距離は331.58km。リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は1495.73kmとなる。

 ラリーの拠点となるサービスパークが置かれるのは、バルセロナの西南約100kmに位置するサロウ。地中海に面したコスタ・ドラダ(黄金海岸)と呼ばれるリゾートエリア。今回の特徴は、シリーズ唯一のミックスサーフェス。グラベル(未舗装路)とターマック(舗装路)両方の路面を走行する。他のイベントでもグラベル主体、スーパーSSだけターマックなどのラリーはあるが、ここではデイ2までをグラベル仕様、デイ3以降をターマック仕様に車を換装して走る。

 このため、デイ2走行終了後のサービスでは、車を脚回りを中心にグラベル仕様からターマック仕様へと換装する。通常よりも長い作業時間(75分)が与えられるが、充分な時間とはいえず、メカニックやエンジニアの力が試される。

 今回、話題の選手が多数エントリーしている。

 話題の筆頭はWRC78勝、9連覇を果たした“アイス・クール・セブ”ことセバスチャン・ローブがシトロエン・C3WRCで参戦する。ローブは今年最後の参戦(予定)だが、未だ衰えない速さで残り2戦となった総合優勝争いを掻き回しかねない。

 そして、もう一人“ハリウッド”と呼ばれた元チャンピオン、ペター・ソルベルグが参戦する。スバルでタイトルを獲得後にシトロエン、更にフォードに移籍。その後、活躍の舞台を世界ラリークロス選手権に移し、タイトルを獲得していた。今回デビューとなったフォルクスワーゲン・ポロGTI(R5仕様)でWRC2クラスに参戦する。このクラスには実兄へニング・ソルベルグも参戦中。WRC2クラスで久々の兄弟対決も再現される。

【続きを読む】

  • トヨタ・ヤリス&オット・タナク、逆転チャンピオンを目指して首位激走!WRCラリースペイン・デイ1,2/自動車
  • トヨタ・ヤリス&オット・タナク、逆転チャンピオンを目指して首位激走!WRCラリースペイン・デイ1,2/自動車
  • トヨタ・ヤリス&オット・タナク、逆転チャンピオンを目指して首位激走!WRCラリースペイン・デイ1,2/自動車
  • トヨタ・ヤリス&オット・タナク、逆転チャンピオンを目指して首位激走!WRCラリースペイン・デイ1,2/自動車
  • トヨタ・ヤリス&オット・タナク、逆転チャンピオンを目指して首位激走!WRCラリースペイン・デイ1,2/自動車
  • トヨタ・ヤリス&オット・タナク、逆転チャンピオンを目指して首位激走!WRCラリースペイン・デイ1,2/自動車