2018.10.22 10:00

米沢中央、3年連続9度目の全国大会出場を決める/東北スポーツ

米沢中央、3年連続9度目の全国大会出場を決める/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
米沢中央の高橋蒼未が速攻を繰り出す=21日、山形市総合スポーツセンター(石崎慶一撮影)

米沢中央の高橋蒼未が速攻を繰り出す=21日、山形市総合スポーツセンター(石崎慶一撮影)【拡大】

 「春の高校バレー」の愛称で開催される第71回全日本バレーボール高校選手権大会(サンケイスポーツ、産経新聞社主催)の代表校を決める山形大会決勝が21日、山形市総合スポーツセンターで行われ、男子は山形中央が山形南を下し4年連続18度目、女子は米沢中央が山形商を退け3年連続9度目の全国大会出場を決めた。全国大会は来年1月5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開幕する。

 米沢中央は「高さとパワー」のバレーで、山形商を突き放した。第2セットはジュースを繰り返し、30点台に突入する激闘を繰り広げた。一時は大量リードを許したが、1メートル84のミドルブロッカー高橋(2年)、1メートル82のウイングスパイカー佐藤(1年)ら長身選手の活躍でセットをもぎ取った。石田監督は「選手には技術的なことではなく、『気持ちで相手に負けるな』と指示した。2セット目を取ったことが優勝につながった」と話した。