2018.10.22 15:04

松本薫、ベイカーらが講道館杯出場/柔道

松本薫、ベイカーらが講道館杯出場/柔道

 全日本柔道連盟は22日、来年の世界選手権代表第1次選考会となる講道館杯全日本体重別選手権(11月3、4日・千葉ポートアリーナ)の組み合わせを発表し、昨年6月に第1子を出産した2012年ロンドン五輪女子57キロ級覇者の松本薫(ベネシード)が1回戦から登場する。同48キロ級は16年リオデジャネイロ五輪銅メダルの近藤亜美(三井住友海上)が出場。

 男子は90キロ級にリオ五輪覇者のベイカー茉秋(日本中央競馬会)、81キロ級にリオ五輪3位の永瀬貴規が出場し、リオ五輪100キロ級3位の羽賀龍之介(ともに旭化成)は3月の左肩手術からの復帰戦となる。100キロ超級はホープの斉藤立(東京・国士舘高)が挑む。

 団体戦を除く今年の世界選手権代表とジャカルタ・アジア大会優勝者は出場が免除されている。