2018.10.22 05:03(1/2ページ)

宮原がSP首位!日本勢好発進!坂本2位、真凜4位/フィギュア

宮原がSP首位!日本勢好発進!坂本2位、真凜4位/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
坂本花織
宮原が貫禄の演技を披露。シーズン初戦で好発進した (共同)

宮原が貫禄の演技を披露。シーズン初戦で好発進した (共同)【拡大】

 フィギュアスケート・スケートアメリカ第2日(20日、米ワシントン州エバレット)グランプリ(GP)シリーズ第1戦。女子ショートプログラム(SP)で宮原知子(20)=関大=が73・86点で首位に立った。坂本花織(18)=シスメックス=が71・29点で2位につけ、本田真凜(17)=JAL=は62・74点で4位。フリーは21日(日本時間22日)に行われる。男子は今年の世界選手権王者でSP首位のネーサン・チェン(19)=米国=がフリーでもトップの189・99点をマークし、合計280・57点で大会2連覇を果たした。

 練習の成果が出た。GPシリーズ第1戦で、73・86点の高得点をマーク。今年2月の平昌五輪4位の実力者、宮原が貫禄の演技を見せて首位に立った。

 「緊張していたが、うまく力に変えることができた。今回は練習でやってきたことを試合で出すのが目標なので、SPの第1ステップとしてはまずまずだと思う」

 冒頭のルッツ-トーループの2連続3回転ジャンプを決めて流れに乗った。坂本を2・57点上回る演技に笑みがこぼれた。「3回転-3回転は絶対に大丈夫という自信を持って降りることができた。それは一つ収穫だと思う」とうなずいた。

【続きを読む】

  • 高得点に笑顔を見せる宮原(左)と浜田コーチ(共同)
  • 女子SPで4位の本田真凜=エバレット(共同)
  • 女子SPで4位の本田真凜=エバレット(共同)
  • 女子SPで2位につけた坂本花織=エバレット(共同)
  • 女子SPの演技後、ガッツポーズする坂本花織=エバレット(共同)
  • 女子SPで2位につけた坂本花織=エバレット(共同)
  • 女子SPで首位に立った宮原知子=エバレット(共同)
  • 女子SPで首位に立った宮原知子=エバレット(共同)