2018.10.21 12:53

真凜、SPは4位 宮原が首位発進 坂本は2位/フィギュア

真凜、SPは4位 宮原が首位発進 坂本は2位/フィギュア

特集:
坂本花織
宮原知子
  • 女子SPで2位につけた坂本花織=エバレット(共同)
  • 女子SPの演技後、ガッツポーズする坂本花織=エバレット(共同)
  • 女子SPで2位につけた坂本花織=エバレット(共同)
  • 女子SPで4位の本田真凜=エバレット(共同)
  • 女子SPで4位の本田真凜=エバレット(共同)
  • 女子SPで首位に立った宮原知子=エバレット(共同)
  • 女子SPで首位に立った宮原知子=エバレット(共同)
  • 女子SPで首位に立った宮原知子=エバレット(共同)

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカ(20日、米ワシントン州エバレット)女子ショートプログラム(SP)で、日本勢は2連覇を狙う宮原知子(20)=関大=が73・86点で首位発進した。平昌五輪代表の坂本花織(18)=シスメックス=が71・29点で2位、2016年世界ジュニア選手権女王の本田真凜(17)=JAL=は62・74点で4位だった。

 今春から練習拠点を米国に移した真凜は、真価が問われるシーズン。浅田真央さんを指導したこともある新コーチのラファエル・アルトゥニアン氏から助言を受ける。

 シニアに本格参戦した昨季、GPで2戦とも5位と壁にぶつかり、新しい環境で迎えた今季は初戦のネーベルホルン杯で6位と精彩を欠いた。