2018.10.20 18:47

中上、予選はまずまず「2回目に進めたのは大きい」/オートバイ

中上、予選はまずまず「2回目に進めたのは大きい」/オートバイ

 オートバイの世界選手権シリーズ第16戦、日本グランプリ(GP)は20日、栃木県ツインリンクもてぎで予選が行われ、最高峰のモトGPクラスはアンドレア・ドビツィオーゾ(イタリア、ドゥカティ)が今季2度目のポールポジション(PP)を獲得した。

 中上は予選1回目で2位に入って2回目に進出したが、12台中最下位だった。それでも「まずは2回目に進めたのは大きい。予選の結果はそれほど悪くはない」とまずまずの手応えを口にした。

 前日まではブレーキにトラブルを抱えていたようだが、この日は改善し「スムーズなライディングができた」という。日本開催でいいところを見せたい中上は「うまくセットアップして自信を持って臨みたい」と巻き返しを期した。