2018.10.20 16:39

宮原と坂本が練習中に衝突 転倒もけがなく笑顔/フィギュア

宮原と坂本が練習中に衝突 転倒もけがなく笑顔/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
坂本花織
女子SPの前日練習で衝突する宮原知子(左)と坂本花織=エバレット(共同)

女子SPの前日練習で衝突する宮原知子(左)と坂本花織=エバレット(共同)【拡大】

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカが19日、米ワシントン州エバレットで開幕し、男子ショートプログラム(SP)は世界選手権王者のネーサン・チェン(米国)が4回転フリップでミスをしたが、90・58点でトップに立った。

 宮原知子(関大)らが出場する女子のSPは20日(日本時間21日)に行われる。

 女子ショートプログラムの前日練習中に宮原(関大)と坂本(シスメックス)が衝突するアクシデントがあったが、2人にけがはなく、そのまま練習を続けた。

 宮原のSPの音楽が流れ、本番同様の構成で練習をしていたところに坂本の進路が重なり、2人はぶつかって転倒した。練習終了後に坂本は氷上で謝り、宮原は笑顔で応えていた。(共同)