2018.10.18 21:07

東京五輪組織委「注視する」 競技会場に免震不正疑い

東京五輪組織委「注視する」 競技会場に免震不正疑い

 東京都によると、2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場として建設中の五輪水泳センターとバレーボール会場の有明アリーナに、性能記録が改ざんされた可能性のある油圧機器メーカーKYBの免震・制振装置が使われている。交換の必要性などはまだ分かっておらず、大会組織委員会幹部は18日、「注視したい」と述べた。

 大会関係者は「交換の作業自体は工期に大きく影響するものではない」とみるが、肝心の交換用部品の生産が追いつかない可能性があるという。日本バレーボール協会幹部は「もし工期が遅れたりすれば、テスト大会をどうするかなどの問題が出てくる」と会場整備への影響を懸念した。

 スポーツ庁によると、建設中のメインスタジアム、新国立競技場には不正の疑いがある装置は使われていない。