2018.10.18 18:53

日本記録保持者の大迫傑、将来像を明かす「指導に興味がある」

日本記録保持者の大迫傑、将来像を明かす「指導に興味がある」

東京都内で取材に応じ、将来像などを語った大迫傑=港区

東京都内で取材に応じ、将来像などを語った大迫傑=港区【拡大】

 男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(27)=ナイキ=が18日、東京都内で取材に応じ、いずれは指導者となり、後継者を育てる将来像を描いていると明かした。

 「指導に興味がある。今、僕がやっている環境は特別。それも利用しながら指導できたら、強い選手を生み出せる」

 2015年に渡米。各国から長距離の精鋭が集うオレゴンプロジェクトで、ただ一人のアジア勢として腕を磨く。

 前例のない選択は次世代の道を切り開くためでもあった。「ルートを作れば(次の選手が)ノーストレスで行ける」。五輪2大会連続長距離2冠のモハメド・ファラー(35)=英国=らと練習で競い合う。ノウハウを吸収し、将来は母国に還元するつもりだ。

 次戦は来年3月の東京マラソンが有力。「自分が走るなら、どうせなら注目してもらいたい」。捲土(けんど)重来の日本マラソン界の先頭に立つ。